1. TOP
  2. ニュース
  3. 【更新】「持続可能性に配慮した調達コード」のよくあるご質問を掲載しました。(サステナビリティに関する取組み)

【更新】「持続可能性に配慮した調達コード」のよくあるご質問を掲載しました。(サステナビリティに関する取組み)

お知らせ

サステナビリティに関する取組み

博覧会協会では、国際園芸博覧会におけるサステナビリティの取組みを推進しています。

サステナビリティ戦略

国際園芸博覧会の承認機関であるAIPH(国際園芸家協会)の規則等に基づき、サステナブルな国際園芸博覧会を実現するため、基本方針や目標等を定めた「サステナビリティ戦略」を2024年3月に策定し、AIPHに提出しました。本園芸博のテーマ等を踏まえ、生物多様性や気候変動対策等の取組みを発信し、サステナブルな社会の実現に貢献してまいります。
AIPHの審査は、約半年間かけて行われ、AIPHの承認後に確定する予定です。

【関係資料】
・【プレスリリース】サステナビリティ戦略・実施計画を策定し、AIPHに提出しました。(2024年3月12日発表)(PDF)
・Sustainability Strategy(英語版・概要版)(PDF)
・Sustainability Strategy(英語版・本文)(PDF)

サステナビリティ実施計画

AIPH(国際園芸家協会)の規則等に基づき、「サステナビリティ戦略」を実現するためのアクションや実施スケジュール等を定めた「サステナビリティ実施計画」を2024年3月に策定し、AIPHに提出しました。
AIPHの審査は、約半年間かけて行われ、AIPHの承認後に確定する予定です。

【関係資料】
・【プレスリリース】サステナビリティ戦略・実施計画を策定し、AIPHに提出しました。(2024年3月12日発表)(PDF)
・Sustainability Implementation Plan(英語版・概要版)(PDF)
・Sustainability Implementation Plan(英語版・本文)(PDF)

持続可能性に配慮した調達コード

博覧会協会や出展者等が、物品・サービスの調達や工事の実施等に当たって遵守する「持続可能性に配慮した調達コード」を2024年1月に策定しました。

 

【関係資料】
・【プレスリリース】「持続可能性に配慮した調達コード」を策定しました。(2024年1月18日発表)(PDF)
・持続可能性に関する特記事項(PDF)
・持続可能性の確保に向けた取組状況について(チェックシート)(様式)(Excel)
・誓約書(様式)(Word)
・よくあるご質問(2024年5月30日公表)(PDF)
・Code of Sustainable Procurement(英語版・概要版)(PDF)
・Code of Sustainable Procurement(英語版・本文)(PDF)

持続可能性有識者委員会

博覧会協会は、博覧会における持続可能性の取組と魅力の向上のため、専門的視点から意見及び提案を行う「持続可能性有識者委員会」を設置しています。開催状況等は、「持続可能性有識者委員会」のページをご覧ください。

担当

担当部署 公益社団法人2027年国際園芸博覧会協会
企画調整部 企画課
担当者 冨田・箕澤
電話 045-307-2046
E-mail kikaku@expo2027yokohama.or.jp